SDGs

金沢鮮魚は、SDGsに賛同しています

金沢鮮魚は、SDGs「14.海の豊かさを守ろう」の10個の目標の内、3個の目標を実践。
民間企業としてできるすべての目標を実践しています。

金沢鮮魚 SDGs

14.1
”2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染などあらゆる種類の海洋汚染を防止し大幅に削減する。

金沢鮮魚では、SDGsの目標となる海洋プラスチックをそもそも出さないようにするために、配送ボックスを発泡スチロールから耐水性ダンボールに切り替えSDGsを実践しています。
現在の水産業界では発泡スチロールを使うのが常識ですが、金沢鮮魚はSDGsを実践し発泡スチロールを辞めました。真空用の袋や保冷剤の袋についても、プラスチックを撤廃しSDGsを実践していく計画です。
非プラスチックの袋は、まだ提供している業者が少ないため、SDGsの実践に協力してくださる方を探しています。

14.2
”2020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。

金沢鮮魚では、SDGsの目標となる海洋プラスチックをそもそも出さないようにするために、配送ボックスを発泡スチロールから耐水性ダンボールに切り替えSDGsを実践しています。
現在の水産業界では発泡スチロールを使うのが常識ですが、金沢鮮魚はSDGsを実践し発泡スチロールを辞めました。真空用の袋や保冷剤の袋についても、プラスチックを撤廃しSDGsを実践していく計画です。
非プラスチックの袋は、まだ提供している業者が少ないため、SDGsの実践に協力してくださる方を探しています。ています。

14.4
”2020年までに、魚をとる量を効果的に制限し魚のとりすぎ法に反した漁業や破壊的な漁業などをなくし、科学的な管理計画を実施する。魚介類など水産資源を、種ごとの特徴を考えながら、少なくともその種の全体の数を減らさずに漁ができる最大のレベルにまで、できるだけ早く回復できるようにする。

金沢鮮魚では、SDGsの目標となる海洋プラスチックをそもそも出さないようにするために、配送ボックスを発泡スチロールから耐水性ダンボールに切り替えSDGsを実践しています。
現在の水産業界では発泡スチロールを使うのが常識ですが、金沢鮮魚はSDGsを実践し発泡スチロールを辞めました。真空用の袋や保冷剤の袋についても、プラスチックを撤廃しSDGsを実践していく計画です。
非プラスチックの袋は、まだ提供している業者が少ないため、SDGsの実践に協力してくださる方を探しています。

「人も海も喜ぶ循環」についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ